不動産

取引の中身を書面にしたものが売買契約書です。

売買契約の締結にあたっては、それまで相手方と打ち合わせしてきた事項が正しく契約書に記載されているか、契約書の内容を十分確認することが必要です。

契約の内容に不備があったり、内容を十分に理解しないまま調印すると、後に大きなトラブルになりかねないので用心が必要です。

売買契約書には、売買価格、売買代金の支払方法、物件の引渡し、危険負担や契約不適合責務など、不動産取引において定めておくべき事項が記載されています。

安佐南区川内 売買物件