エアコン

行政組織や電力会社では、夏は冷房を28℃設定、冬は暖房を20℃設定にして業務を行うという節電努力を行い、省エネルギー対策を励行している。

冬場の暖房は22℃〜23℃、真夏の冷房は26℃〜27℃に設定する事でコンプレッサーの運転時間を短くし、エアコンの消費電力を大きく抑えられる。

省エネルギーにつながるエアコンの運転方法や、節電の手法を紹介する。

エアコンの温度設定による支出電力の移り変わりは、室内・室外の空気温度環境によるが、温度設定を1℃調節する事で5〜10%程度変動する。

エアコンの支出電力を縮小させるためには、コンプレッサーの運転時間が最小になるように制御することが大切であるが、コンプレッサーをしきりに運転させない方策として、一創意工夫するだけで大きな省エネルギーにつなげられる。

エアコンの温度設定は、支出電力に大きな影響を及ぼす。

アンテナ取り付け 鹿児島