害獣

本州、九州、佐渡島などの低地から高山帯まで幅広く生息します。

そのトラブルの多くはハタネズミという野ネズミによるもので、他にハツカネズミ、ドブネズミなども農作物を荒らします。

ネズミは家に被害をもたらす害獣として名高いですが、実は農作物にもトラブルを与える農家にとっての天敵です。

代表格のハタネズミは、全長10〜13センチほどの茶褐色の体で、尾の短い日本固有種。

農耕地やあぜなどを好み、穴を掘ってトンネルを作り、ワラや枯れ草を集めて巣を作ります。

天井裏でカサカサ、配線をカジカジ。

草食性で、果樹や野菜のほか、樹木も被害を受けるので、農家にとっては大変骨が折れるな影響です。

神奈川 害獣駆除