不用品回収

壊れていた場合であっても、引き取ってもらうことが出来ないというわけではないためです。

不要品と不用品の差異は使用している漢字だけではないのです。

意味も違っているのです。

まず、不用品は一般的には使用することが出来ない物、壊れている物を表す時に用いられます。

しかし、寄付やリサイクルショップに引き取りを依頼する場合には、回収後使用することを前提としていますので、要らない品のみの引き取りとなる場合がおおかたです。

不可欠なくなった物や壊れて使用する事が出来なくなった物の事を「ふようひん」と言いますが、漢字では不要物と要らない品という2種類で表す事が出来ます。

粗大ごみなどの回収を申し入れする際には、どちらを記入しても良いようです。

また、不用品は必要としない物、使用することが出来る物との意味で用いられます。

千葉 不用品回収