マイクロマニピュレータ市場2019;のCAGRで急上昇する25.8%

"世界のマイクロマニュアル市場-機会と予測、2014-2020"というタイトルのアライドマーケットリサーチによる新しい報告書によると、マイクロマニュアルの 2014年には、セルマイクロマニピュレーションアプリケーションセグメントは、収益とボリュームの両方の面で世界のマイクロマニピュレータ市場を支配し、

サンプル報告をダウンロードhttps://www.alliedmarketresearch.com/request-sample/737?utm_source=Hitechnews&utm_medium=Niranjan

従来のマニュアルマニュアルマニュアルから先進的な電気-油圧バージョンへの移行、世界の不妊率の上昇、新興国における半導体やマイクロエレク さらに、ゲノミクス、プロテオミクス、トランスゲネシス、細胞クローニングなどのマイクロマニピュレーターの新規アプリケーションの使用率の増加は市場 しかし、このような高度なマイクロマニュアルに関連した高コスト、潜在的なエンドユーザーと限られた技術的な専門知識の意識の欠如などの要因は、

電気マイクロマニピュレーター部門は、予測期間を通じて最高の収益を生み出し続けます。 これは動きの高精度な、高められた精密、広い応用範囲を渡る電気マイクロマニピュレーターのよりよい便利そして上昇の採用率に帰因する。 しかし、ボリューム(単位)の面では、マニュアルマニュアルマニュピュレータは、2014年に市場全体の約半分を占め、主要なセグメントでした。 半導体やマイクロエレクトロニクス産業におけるマニュアルマニピュレータの経済的なコストと高い人気は、マニュアルマニピュレータ市場の成長

研究の主な調査結果: 

油圧マイクロマニピュレーターとなる見込みで最も急成長を遂げているセグメント間の予想期間です。
セルマイクロマニュピレーターのアプリケーション内では、ICSIセグメントは、予測期間中に、収益とボリュームの両面で、最速の成長を示すと予想されます。
産業マイクロマニュピュレーションアプリケーション内では、半導体やマイクロエレクトロニクスセグメントは、2020年に市場全体の収益の三四以上を
アジア太平洋地域は、29.9%のCAGRを2015年から2020年に登録して、最も急速に成長している市場と予想されています。

より多くの照会@のためhttps://www.alliedmarketresearch.com/purchase-enquiry/737?utm_source=Hitechnews&utm_medium=Niranjan

レポートでプロファイリングの主要企業はNarishige株式会社が含まれています。 ツづ慊つキツ。、研究の器械株式会社。、Eppendorf AG、Sutter Instruments、マイクロマニピュレーター社、Sensapex、Inc.、LuigsおよびノイマンのScientifica株式会社。 そしてシスキヨウ-コーポレーション