ペット葬儀

人間の葬儀・火葬の事例も同じことがいえますが、写真を入れて送ることは、現在ではあまりタブー視されないようになりました。

ただ、前もってに、「○○を入れて送りだしたいのだが、差し支えはないか」と業者に尋ねておいた方が安心です。

お花は基本的には入れても構いませんし、現在では世帯の写真も一緒に入れて見送るケースもあります。

そのペットが好きだったエサを入れるケースは多々あると思われますが、缶などの場合は断られる事が多々あるので配慮してください。

人間の葬儀とは異なり、ライターのように「絶対入れてはいけないもの」を入れようと一考する飼い主はいないでしょう。

棺に入れられるものと入れてはいけないものがあるのは、人間の葬儀のときと変わりありません。

昔は、「写っている人の魂が共に連れていかれる」と言われていましたが、現在では「家族で見守って送りたい」とする考えの方が優勢になりつつあるようです。

ペット葬儀 多摩市